和白海岸探鳥会2019.12.08

12月8日(日)日本野鳥の会福岡支部主催の和白海岸探鳥会に参加しました。
和白4丁目海岸→海の広場→アシ原→砂州
観察した鳥:ツクシガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、
ホシハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、
アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヘラサギ、クロツラヘラサギ、オオバン、ダイゼン、シロチドリ、ミヤコドリ、
ダイシャクシギ、イソシギ、ハマシギ、ミサゴ、トビ、こげら、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ
等52種
RKB電波塔で寝ていたハヤブサ1208ハヤブサ.JPG
ミヤコドリの群れ1208ミヤコドリ群れ.JPG
ダイシャクシギ1208ダイシャクシギ.JPG
ヘラサギ1208ヘラサギ.JPG
ツクシガモ飛翔1208ツクシガモ飛翔15羽.JPG
ダイゼンとカラス1208ダイゼンとカラス.JPG
ダイゼンとミヤコドリ1208ダイゼンとミヤコドリ.JPG
カラス、ダイゼン、ミヤコドリ1208カラス、ダイゼン、ミヤコドリ.JPG
カンムリカイツブリとオナガガモ1208カンムリカイツブリとオナガガモ.JPG
シロチドリ1208シロチドリ.JPG
ツグミ1208センダン、ツグミ.JPG
モズ1208モズ.JPG
アキグミの実1208アキグミの実.JPG
ウラギクの花1208ウラギク.JPG
ツルナ1208ツルナ.JPG

干潟の掃除2019.12.04

12月4日津屋崎干潟の掃除2回目を行いました。
回収したゴミは発泡スチロール加工品5個、プラスチックゴミ7袋、缶1袋、ガラス1袋でした。
打ち上げられたゴミ11204打ち上げられたゴミ.JPG
打ち上げられたゴミ21204打ち上げられたゴミ2.JPG
干潟の近くの用水路で見かけた寝ているクロツラヘラサギ1204クロツラヘラサギの群れ.JPG
海岸で見かけたウミネコの群れ1208ウミネコの群れ.JPG
一緒にいたセグロカモメ1204セグロカモメ.JPG
池で見かけたトモエガモ♂1204トモエガモ♂.JPG
トモエガモ雌雄1204トモエガモ.JPG

干潟の掃除

11月28日津屋崎干潟の掃除をしました。
1128ゴミ.JPG
1128回収したゴミ.JPG
掃除の時に見かけたカブトガニの死骸1128カブトガニ死骸.JPG
ビナンカズラの実1128ビナンカズラの実.JPG
ヘラサギ1128ヘラサギ.JPG
クロツラヘラサギ1128クロツラヘラサギ.JPG
ヘラサギとクロツラヘラサギ1128ヘラサギとクロツラヘラサギ.JPG
帰り道の牟田池でトモエガモ、ミコアイサ♂を観ました。
トモエガモ♂
シベリア東部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国東部、日本、朝鮮半島、台湾へ南下し越冬する。
非繁殖地では湖沼、河川などに生息し、海岸に飛来することもある。
繁殖地ではツンドラや森林地帯内にある湖沼や渓谷、湿原、水辺の草原などに生息する。
食性は植物食傾向の強い雑食で、主に種子を食べるが、水生植物、藻類、昆虫、甲殻類、貝類なども食べる。
窪地、茂みや流木の中などに巣を作り、6-9個の卵を産む。抱卵期間は25日。雛は孵化してから3-4週間で巣立つ。
1128トモエガモ&マガモ.JPG
ミコアイサ♂
ユーラシア大陸亜寒帯のタイガで繁殖し、冬季になるとヨーロッパ、黒海、カスピ海、インド北部、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する。日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来し(冬鳥)、北海道では少数が繁殖する。1128ミコアイサ♂1.JPG
津屋崎干潟

和白干潟クリーン作戦と自然観察

2019年11月23日和白干潟クリーン作戦と自然観察に参加しました。
海の広場前は打ち上げられた大量のアオサが白化していました。
紅葉したハママツナ1123ハママツナ紅葉.JPG
紅葉したハママツナにもアオサが覆いかぶさっていました。1123打ち上げられたゴミ.JPG
白化したアオサ1123白化したアオサ.JPG
打ち上げられたアオサ1123打ち上げられたアオサ.JPG
回収したゴミ1123回収したゴミ.JPG
きれいになった干潟で野鳥観察1123野鳥観察.JPG
クロツラヘラサギ1123クロツラヘラサ.JPG
クコの実1123クコの実.JPG
アオツヅラフジの実1123スイカズラの実.JPG
アキグミの実1123アキグミの実.JPG
ツルナの花1123ツルナの花.JPG
沈む夕日1123沈む夕日1.JPG1123沈む夕日2.JPG

シナアブラギリ

河東天満宮の参道から少しそれた雑木林で見かけました。
志那油桐
トウダイグサ科
アブラギリ属
学名:Aleurites fordii Hemsl.
落葉高木
樹皮は灰白色でなめらか
雌雄異株または同株
中国原産
関東地方南部以西の暖地で栽培されている
桐油として優良
油絵、提灯などに用いる
食用にはならない
床板、下駄材
1020シナアブラギリ.JPG
IMG_0101シナアブラギリ.JPG

釣川探鳥報告

釣川の野鳥観察に行きました。
例年だと今頃はコガモの群れが見られるのですが今年はまだ観察できません。
観察した鳥は、カルガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ
アオサギ、ダイサギ、コサギ、トビ、カワセミ、モズ、カササギ
ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ヒヨドリ、メジロ
ムクドリ、ノビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ
セグロセキレイ、カワラヒワ、ドバト以上19種。
カルガモ1017カルガモ.JPG
コガモ1017コガモ.JPG
コサギ1017コサギ.JPG
カワセミ1017カワセミ.JPG
モズ♂1017モズ雄.JPG
モズ♀1017モズ雌.JPG
カササギ1017カササギ.JPG
ヘアースタイルの乱れたハシボソガラス1017-01ハシボソガラス.JPG
1017-08ハシボソガラス.JPG
1017-06ハシボソガラス.JPG
ヒバリ1017ヒバリ.JPG
水浴びをしているムクドリ1017ムクドリ水浴び.JPG
田圃を飛び廻って居たノビタキ1017ノビタキ.JPG
IMG_2421ノビタキ♂.JPG
キセキレイ1017キセキレイ2羽.JPG
ハクセキレイ1017ハクセキレイ.JPG
セグロセキレイ1017セグロセキレイ.JPG
カワラヒワ1017カワラヒワ.JPG
遊歩道の傍らで見かけた実が生っていたコノテガシワ1017コノテガシワ実.JPG
土手で見かけた茶の花1017茶の花.JPG


プリンセス駅伝in宗像・福津2019

2019年10月20日日曜日「プリンセス駅伝in宗像・福津2019」が宗像市の宗像ユリックス発着で行われました。
1区(7.0km)宗像ユリックス~宗像大社
2区(3.6km)宗像大社~勝浦浜
3区(10.7km)勝浦浜~宮地浜
4区(3.8km)宮地浜~福津市複合文化センター
5区(10.4km)福津市複合文化センター~宗像大社
6区(6.695km)宗像大社~宗像ユリックス
6区宗像大社から宗像警察署入口までの終末処理場の前で応援しました。
トップでやって来た積水化学の森智香子1020 1位森智香子.JPG
2位:九電工・横石悠貴1020 2位横石悠貴.JPG
3位:三井住友海上・小寺冴香1020 3位古寺冴佳.JPG
4位:ルートインホテルズ・藤田正由加1020 4位藤田正由加.JPG
5位:第一生命グループ・佐々木文華、6位:京セラ・足立由真、7位:日立・小澤夏美、8位:大塚製薬・福良郁美、9位:エディオン・安井絵理奈、10位:ユニバーサルエンターテインメント・伊澤菜々花1020 佐々木文華・足立由真・古寺冴佳・福良郁美・安井絵理奈・伊澤菜々花.JPG
11位:肥後銀行・新井沙紀枝1020 11位新井沙紀枝.JPG
12位:スターツ・小川香澄、13位:ユニクロ・尾方星華1020 12位:小川香澄・13位尾方星華.JPG
14位:鹿児島銀行・安東有沙1020 14位安東有沙.JPG

(1)積水化学 タイム 2:19:36 監督:野口 英盛 1区:松崎 璃子、2区:高野 みなみ、3区:佐藤 早也伽、4区:飯島 理子、5区:和田 有香里、6区:森 智香子
(2)九電工   タイム2:19:52 監督:藤野 圭太 1区:宮田 梨奈、2区:陣内 綾子、3区:林田 美咲、4区:キブケモイ ジョアン、5区:逸木 和香菜、6区:横石 悠貴
(3)三井住友海上 タイム2:19:56 監督:鈴木 尚人 1区:岡本 春美、2区:田邊 美咲、3区:橋本 奈海、4区:カマウ タビタ、5区:野添 佑莉、6区:小寺 冴香
(4)第一生命グループ タイム2:20:32 監督:山下 佐知子 1区:原田 紋里、2区:小枝 理奈、3区:出水田 眞紀、4区:鈴木 理子、5区:上原 美幸、6区:佐々木 文華
(5)ルートインホテルズ タイム2:20:34 監督:藤川 亜希 1区:萩野 真紀、2区:坂本 ちほ、3区:日高 侑紀、4区:パウリン カムル、5区:明石 伊央、6区:藤田 正由加
(6)京セラ タイム2:20:37 監督:佐藤 敦之 1区:中原 海鈴、2区:中島 愛華、3区:松田 杏奈、4区:堀口 あずき、5区:盛山 鈴奈、6区:足立 由真
(7)日立 タイム2:20:38 監督:北村 聡 1区:田村 紀薫、2区:橋野 玲奈、3区:鈴木 千晴、4区:メリー シブコ、5区:小井戸 涼、6区小澤 夏美
(8)大塚製薬 タイム2:20:43 監督:河野 匡 1区:井上 彩花、2区:薮田 裕衣、3区:横江 理沙、4区:棚池 穂乃香、5区:岡田 唯、6区:福良 郁美
(9)エディオン タイム2:20:54 監督:沢桝 厚志 1区:萩谷 楓、2区:江口 美咲、3区:西田 美咲、4区:石澤 ゆかり、5区:菅野 杏華、6区:安井 絵理奈
(10)ユニバーサルエンターテインメント タイム2:21:06 監督:大澤 啓悟 1区:猿見田 裕香、2区:篠塚 麻衣、3区青山 瑠偉、4区:ナオミ ムッソーニ、5区:和久 夢来、6区:伊澤 菜々花
(11)資生堂 タイム2:21:14 監督:川越 学 1区:真柄 碧、2区:高見澤 安珠、3区:高島 由香、4区:ダンカン メリッサ、5区:田中 華絵、6区:前田 海音
(12)肥後銀行 タイム2:22:43 監督:竹下 元久 1区:平井 見季、2区:境田 真夕、3区:猪原 千佳、4区:高野 鈴菜、5区:本田 絵里香、6区:新井 沙紀枝
(13)スターツ タイム2:23:25 監督:中村 悠希 1区:西野 まほ、2区:佐藤 奈々、3区:上杉 真穂、4区:グレース キマンズイ、5区:赤坂 よもぎ、6区:小川 香澄
(14)ユニクロ タイム2:23:45 監督:長沼 祥吾 1区:吉川 侑美、2区:康本 花梨、3区:森野 夏歩、4区:今井 千尋、5区:野村 沙世、6区:尾方 星華
=以上全日本大会出場
(15)鹿児島銀行 タイム2:24:18 監督:立迫 奈津子 1区:小原 涼子、2区:久保 亜美、3区:池満 綾乃、4区:立迫 美紀、5区:松枝 未代、6区:安藤 有沙
(16)キヤノンAC九州 タイム2:24:57 監督:川上 優子 1区:矢野 栞、2区:中川 文華、3区:後藤 みのり、4区:マータ モカヤ、5区:大塚 英梨子、6区:古川 夏海
(17)シスメックス タイム2:25:32 監督:本田 大造 1区:鳴瀧 ほのか、2区:坂本 茉矢、3区:田邊 摩希子、4区:金平 裕希、5区:永岡 真衣、6区:西田 留衣、
(18)しまむら タイム2:25:52 監督:澤口 功 1区:大島 里穂、2区:折笠 有彩、3区:阿部有 香里、4区:阿比留 悠奈、5区:中根 瑞稀、6区:齋藤 暁
(19)ホクレン タイム2:25:58 監督:長渡 憲司 1区:池亀 彩花、2区:清水 美穂、3区:菊地 優子、4区:加藤 凪沙、5区:宮内 宏子、6区:寺島 優奈
(20)ノーリツ タイム2:26:16 監督:里内 正幸 1区:大蔵 玲乃、2区:津野 優、3区:堀江 美里、4区:小崎 まり、5区:津崎 紀久代、6区:川上 さくら
(21)愛媛銀行 タイム2:29:49 監督:小林 史和 1区:竹内 麻里子、2区:正井 裕子、3区:山中 柚乃、4区:豊田 由希、5区:大城 優衣、6区:井手 海久
(22)埼玉医科大学グループ タイム2:29:54 監督:高沢 信也 1区:幸田 萌、2区:諏訪 帆香、3区:飯野 摩那、4区:マーシャ ヴェロニカ、5区:福居 紗希、6区:室伏 杏花里
(23)宮崎銀行 タイム2:29:56 監督:西村 功 1区:立山 莉緒、2区:金丸 芽生、3区:市原 梨花、4区:陳内 桃果、5区:黒木 裕子、6区:鬼塚 彩花、
(24)十八銀行 タイム2:30:40 監督:吉井 賢 1区:野上 恵子、2区:三宅 翔子、3区:本田 純麗、4区:田中 亜可梨、5区:富永 あかり、6区:大久保 麻紀
(25)小島プレス タイム2:31:56 監督:大橋 真一 1区:落合 沙紀、2区:亀山 茜、3区:山本 彩乃、4区:中村 瑠花、5区:森田 歩実、6区:幾野 由里亜
(26)メモリード タイム2:34:25 監督:喜多 秀喜 1区:米津 利奈、2区:田島 美沙、3区:吉富 博子、4区:矢野 愛奈、5区:大樽 瑞葉、6区:大久保 奈々
(27)愛知電機 タイム2:38:58 監督:萩野 浩 1区:渡部 絵理、2区:加来 華奈、3区:藤田 愛子、4区:米谷 結希、5区:久保 百合香、6区:谷町 衣里奈
(28)ラフィーネグループ タイム2:43:11 監督:白川 純 1区:永田 幸栄、2区:阿久津 有加、3区:高野 美幸、4区:滝 紋奈、5区:松栄 モモ子、6区:原田 詠麻
区間賞
第1区(7.0km)萩谷楓 エディオン(中国)22:28区間新
第2区(3.6km)田辺美咲 三井住友海上(東日本)11:25
第3区(10.7km)青山留衣 ユニバーサルエンターテインメント(東日本)34:41
第4区(3.8km) バウリン カムル ルートインホテルズ(東日本)11:37
第5区(10.4km)上原美幸 第一生命グループ(東日本)34:42
第6区(6.695km)足立由真 京セラ(九州)・小澤夏美 日立(東日本)21:54
第5回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会予選会

農薬散布

ラジコンヘリコプターで農薬を散布していました。今は農薬だけでなく肥料なども散布しているようです。
農薬散布5.JPG
農薬散布4.JPG
農薬散布3.JPG
農薬散布2.JPG
農薬散布1.JPG

カワセミ、カイツブリ、チュウサギ、アマサギ、カルガモ親子、ウシガエル・アメリカザリガニ

溜池で見かけたカワセミ♂。2羽飛んでいましたが1羽が近くの木に飛んできました。0709カワセミ♂.JPG
水を抜いた溜池の水溜まりにいたカイツブリ0711kaituburi.JPG
泥の上を助走して飛んで行ったカイツブリ0711kaituburi1.JPG
田圃で見かけるチュウサギ0715tyusagi.JPG
久しぶりに見かけたアマサギ016amasagi.JPG
川で見かけたカルガモ親子。雛は9羽~12羽が普通だが、雛は7羽だった。何羽かは事故に遭った?0715karugamooyako.JPG
水が抜かれた溜池の底に居たウシガエル&アメリカザリガニ0711zariusi1.JPG
ヘドロの中を泳いでいた魚0711sakana.JPG
川で見かけた蜻蛉0715oniyanma.JPG
溜池で見かけた蜻蛉0708イトトンボ.JPG

チョウトンボ、アオモンイトトンボ

7月5日川で撮影したチョウトンボ(蝶蜻蛉)0705tyoutonbo.JPG目:トンボ目、科:トンボ科、亜科:チョウトンボ亜科
属:チョウトンボ種:チョウトンボ(蝶蜻蛉)、和名:チョウトンボ、学名:Rhyothemis fuliginosa
腹長20~25mmほど、出現期:6-9月、羽化:6月中旬から始まる。
世界では朝鮮半島・中国に分布、日本では本州・四国・九州に分布
平地から丘陵地にかけての植生豊かな沼地などで見られる。
蝶のようにひらひら飛ぶのでこの和名がついている。
7月6日田圃で撮影したアオモンイトトンボ♂と未熟な♀0706アオモンイトトンボ.JPG
蜻蛉目(トンボ目)イトトンボ科、オスの腹部第8、9節が鮮やかな空色をしていることが和名の由来となった。
体長32mm前後。アフリカから中東、南および東アジアにかけて広く分布し、日本では4月から9月にかけて関東以南の本州から南西諸島まででみられる。平地の池や沼など、主に流れの無いあるいは流れのゆるやかな水辺でよくみられる。

第22期 和白干潟の自然観察ガイド講習会に参加しました

2019年6月30日和白干潟を守る会主催の第22期和白干潟自然観察ガイド講習会に参加しました。

講師はカニ博士の和歌山大学教育学部の古賀庸徳教授。

若い頃(申し訳ありません😅)和白干潟でカニの生態を研究していたそうです。

2005年のガイド講習会でも講師に来ていただいたという事でした。

前半は室内講習で質問に答えて頂きました。

質問1 カニの寿命は?

コメツキガニ:2~3年、ヤマトオサガニ:4~5年、シオマネキ:約10年

   コメツキガニやヤマトオサガニは稚ガニが増えると大人のカニがストレスで早死にする

質問2 カニの産卵数は?

コメツキガニ:3000粒前後、一生に2~3回産む 一万匹位の卵が成体になるのは2~3匹

ハクセンシオマネキ:?、ズワイガニ:7~10万粒、ワタリガニ:80~450万粒

サワガニ:数十匹(直達発生=カニが生まれる)

プランクトンの利点は流れた先でいい場所があればそこで栄えることができるということ。

質問3 和白干潟のカニの種数は?

   コメツキガニ、チゴガニ、ハクセンシオマネキ、ヤマトオサガニ、スナガニ、アシハラガニ、マメコブシガニ、ガザミ、クロベンケイガニ、

ユビアカベンケイガニ、ヒメヤマトオサガニ?、モクズガニ、ハマガニ、(シオマネキもいる可能性あり)⇒十数種?

質問4 幼生を海に放さないカニは?

 サワガニ:直達発生で子ガニが生まれる 本州、九州北部 

プロメガニ(ジャマイカの熱帯林):パイナップル様の葉の付け根に溜まる水に幼生放出→子育てする(給餌、天敵からの防衛、さらには水質管理・・・pH調節まで=貝殻を水溜まりに入れる)

質問5 カニは冬はどう過ごしている?

 干潟のカニは巣穴で冬ごもり ただし、ハマガニは冬に繁殖する

 モクズガニは秋から川に降海し、浅海域で冬の間に繁殖する(春までに3回位産卵して死ぬ)

 ワタリガニなどの海のカニたちは冬は深いところに移動

 チゴガニ、ヤマトオサガニは寒さに強い ハクセンシオマネキは南方系のカニなので寒さに弱い

質問6 カニは食べられる?

食用種:ズワイガニ、ケガニ、ワタリガニ、モクズガニなど様々(但しタラバガニはヤドカリの仲間) 川のカニは寄生虫に要注意(モクズガニ、サワガニには肺吸虫や肝吸虫が感染)

   有明海ではシオマネキのがん漬が珍味(きれいな泥のところにいるので美味しい)

   海外では脱皮直後のblue crab(ガザミの仲間)を丸ごと食べる コメツキガニは実は美味しい?

干潟のフィールド学習で実物のカニさんで講義して頂きました。

コメツキガニ
0630kometukigani1.JPG
マメコブシガニ卵0630マメコブシガニ.JPG
産卵中の雌に慌てて抱き付いて雌を怒らせている雄0630mamekosigani.JPG
タマシキゴカイ糞塊と卵塊0630タマシキゴカイ糞と卵.JPG
アシハラガニの腹0630asiharagani.JPG
お腹を見られたカニさんは元気で干潟に消えて行きました。カニさんを殺さずにお腹を見られるなんて素人には出来ない勉強でした。

ふれあいの森のタシロラン、ヤマモモ、スッポン

宗像市ふれあいの森で今年もタシロランが花を咲かせました。
2週間だけの命です。
タシロラン
学名:Epipogium roseum
福岡県絶滅危惧Ⅱ類
分類:単子葉類
科名:ラン科 Orchidaceae
生息環境:低地森林
常緑林下に自生する腐生植物で全体が黄白色を呈する。
茎は根茎から出て,高さ20~50cm,茎に膜質の鞘状葉がまばらに数個つく。
5~7月,地上部が現れて白色花を総状につける。
画像

沢山生って居たヤマモモがほとんど落ちてしまいました。
最後の数粒を美味しく頂きました。
手を伸ばせば採れるところになって居たのですが散歩する人たちはほとんど知らなかったようです。
来年を楽しみに待ちます。
6月25日のヤマモモ
画像

7月1日のヤマモモ
画像

画像

相原池(小)でスッポンが泳いでいました。今まで見かけませんでした。
どこからやって来たのでしょうか?
画像

ストロベリームーン

今日2019年6月17日の月は「ストロベリームーン」という事をネットで知りました。
イチゴ色の月が昇ってくるのかと思ったら黄色い月でした😥😥😥
画像

「ストロベリームーン」と名付けたのはネイティブアメリカンで、イチゴ色の月が上がってくるのではなく、この月を野イチゴを摘む時期の目安にしていたようです。
イチゴ色の月を期待してカメラ抱えて右往左往しました😂😂😂近くにあった星がイチゴ色していました。
画像

カメラ手持ちで撮影したので真偽のほどは分かりませんが・・・・

カブトエビ、スクミリンゴガイ、コイ、ハクセキレイ

近所の田圃は今田植えの真っ最中です。
田植え前の水を張った田圃の中にスクミリンゴガイ、カブトエビ、ヒルを見つけました。
また、川からポンプで吸い上げられて用水路経由で田圃に迷い込んで死んだコイも居ました。
田起しをして水を張った田圃を見ていたら、カブトガニの幼虫?みたいな生き物を発見!!
田圃でカブトガニ?
画像
画像
画像

本名はカブトエビ
背甲目
カブトエビ科
カブトエビ属
6-7月水田などに大量発生する。水田への注水後10時間程度で孵化が始まり6日程度継続して孵化する。
孵化から10日程度で産卵を行い 1 - 2ヶ月の短い一生を終えるが、成長速度と生存期間は水温で大きく変化する。
水温が21°Cの場合、アジアカブトエビは8日目、
アメリカカブトエビは10日目、ヨーロッパカブトエビは16日目から産卵をする。
水田の水抜きで水が枯れる頃には泥中に卵が残っている。
アメリカカブトエビ(Triops longicaudatus):関東以西
ヨーロッパカブトエビ(Triops cancriformis):山形県、長野県[6]
アジアカブトエビ(Triops granarius):鳥取、近畿地方
アジアカブトエビは在来種と考えられるが、残りの2種はいずれも移入種で、1916年、香川県でアメリカカブトエビが発見され、その後各地で発見されている。関東・中部地方以西に広く分布している。
なお、アジアカブトエビも中国からの帰化動物という研究もある。Wikipedia

田圃の稲を食い荒らすスクミリンゴガイ卵
画像

味が拙いので天敵が少ない。数少ない天敵がヒアリ
スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)
画像

生き物の血を吸うヒル
画像

川からポンプで吸い上げられ田圃に迷い込んで死んだコイ
画像

田圃の周りを飛び廻って居たハクセキレイ幼鳥
画像

ハクセキレイ第1回冬羽
画像

チュウサギ、アマサギ、ダイサギ

マイフィールドに2019年6月8日待望のチュウサギがやって来ました。
体長65~72cm
婚姻色で目が赤い
ダイサギより嘴が短くて口角は目の下
主に夏鳥で本州・佐渡・四国・九州で繁殖
生息場所は水田・草地・湖沼・湿地
画像

2019年6月9日待望のアマサギがやって来ました。
体長46~56cm夏鳥でコサギ(体長55~65cm)より小さい
頭部、首、背に橙黄色の飾り羽がある夏羽
画像

年中見られるダイサギ(亜種チュウダイサギ:体長80~104cm))婚姻色
嘴は黒くて、目先は緑青色、足は赤味を帯びる。
口角は目の後ろ
画像


はたらく すすむ 

久しぶりにコミック読みました?観ました?新聞の書評欄を見ていたら南信長(マンガ解説者)さんが「はたらく すすむ ①」の紹介をしていました。
実直な性格から女の子たちにも慕われる彼の思考と行動、未知の環境への適応力は、中高年のみならず全男性の参考になるだろう。

ピンサロ”世界観”新人ボーイ 長谷部進(66歳) 定年退職後妻を癌で亡くして今は娘と2人暮らし(裏表紙紹介)

私は毎日妻と顔を突き合わせていますが、今のところは鬱陶しがられてはいないようです😅
主人公は亡くなった奥さんに「結婚しなきゃ良かった」とよく言われていた長谷部進さん。
風俗店に足を運んだことがなかった進さんが、会社勤めの経歴を生かして店の人達の信頼を得てゆくプチ・エンターテイメント。
定年退職して第2の人生を歩き始めた皆さん頑張って下さい。
人生は気の持ちようで+にも-にもなります。
参考に購入した本の写真を貼り付けると違法になるようなのでAmazonのアフリエイト広告を貼り付けています。



はたらくすすむ(1) (ヤンマガKCスペシャル)
講談社
2019-04-18
安堂 ミキオ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ラブアース・クリーンアップ2019宗像に参加

2019年6月2日、宗像市さつき松原”海岸”で行われた
ラブアース・クリーンアップ2019
~マイクロプラスチックから海を守ろう~
に参加しました。
※ラブアースクリーンアップ
「ラブアース・クリーンアップ」とは、平成4年5月に福岡市で開催された「ローマ・クラブ福岡会議 イン 九州」を契機に、この会議のテーマである“地球環境と地域行動”の実践活動として、市民・企業・行政が協力し、力を合わせて始めた地域環境美化活動です。
今年は「海ごみゼロウィークの一環として実施されました。
宗像の主催:
宗像市
むなかた「水と緑の会

分別の仕方
①燃やすごみ ②金物 ③ビン・ガラス ④陶磁器類 ⑤ペットボトル
ペットボトルはどこの国のものか調査するという事でした。
団体で参加していたトヨタ九州
オールトヨタグリーンウェーブプロジェクト
画像

ビーチクリーンロボットプロジェクトのロボット
画像

そのロボットで打ち上げられていた網を引っ張ろうと準備中
画像

ロボットの幟(裏返し)
画像

細かく砕かれ始めていた発泡スチロール
画像

回収したゴミ1
画像

回収したゴミ2
画像

回収したゴミ3-1
画像

回収したゴミ3-2
画像

波打ち際は買い物袋などがズタズタになって砂に埋まっているところもありました。
参加途中で見かけたカササギ
画像

挨拶の最中に飛び廻って居たツバメ
画像

ハマヒルガオ
画像

テリハノイバラ
画像

案内
画像


画像

上空を飛んでいたドロン
画像

貰ったタオル
画像


ブログ開設して早や15年

ウェブリブログに登録してから、あと2日で15周年になります。
ウェブリブログ事務局のまーさです。ご利用いただき、ありがとうございます!

とのメールを5月28日にいただきました。
最初に書いた記事は
北部九州は今日も雨だった
2年目は新型ウイルスSARSと戦う中国人民解放軍に召集された女医さんのお話でした。
製作したのは中国人民解放軍八一電影制片=中国人民解放軍総政治部直属機関
レンタルDVDをみての感想。
アウトブレイク・エキスプレス
3年目は エド・ハリスが良かった
奇跡の詩 サード・ミラクル
4年目は中学生の夏休み先生や同級生と行ったキャンプの思い出。
「第44回★遠足・修学旅行の思い出(場所)を教えて!」について
6年目は歌手の日野美歌さんが祭王に扮して行った宮地嶽神社秋季大祭ご神幸お上り様子
祭王行列20090921
7年目は去年旅立っていった若かりし頃のチョコとふれあいの森に散歩に行った時の様子
散歩
8年目は
航空自衛隊小松救難隊の活動を基にした角川映画空へ 救いの翼 RESCUE WINGS
航空救難団
9年目は 水森かおりさんの "歌謡紀行X庄内平野 風の中
歌謡紀行X~庄内平野 風の中~水森かおり
10年目はダイサギ
11年目はNHK福岡放送局の番組「きん☆すた」収録に妻と参加した時の 話でした。
今は名古屋放送局にいる三輪秀香アナとガレッジセールが司会でした。
" 雨宮萌果アナ&ガレッジセール"
12年目は近くの川で見かけた鯉と鯰の話でした。まだこの時は見ている鯉は日本古来のものだと思っていました。
本当は人間が養殖して放流した外来種でした。残念😥😥川をヘドロ化している犯人はこの鯉さんでした。
鯉・鯰
13年目は田植え時期に見かけた鳥の話でした。もう直ぐ田植えの時期ですが、今年はまだ、アマサギ、チュウサギを見かけません。焦っています。😅
アマサギ、ダイサギ、チュウサギ
14年目は近くの久末ダムでの探鳥会に参加した時の記事
久末ダム探鳥会20170528
15年目はバードウォッチングで見かけた鳥・魚の記事
ヒバリ・アマサギ・ダイサギ・キビタキ♂・ライギョ
だと教えて貰いました。15年間溜まりにたまった膨大なゴミ屋敷状態😅
これからもゴミを溜めて行きます😄