優柔不断日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯉 川の生態系に影響

<<   作成日時 : 2017/05/16 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日ネットで鯉を検索していたら、衝撃的な記事を
読んで、思わず椅子から転げ落ちてしまいました。
鯉がブラックバスやミシシッピーアカミミガメと同じ
侵略的外来生物だったとは
川のそばの人達は可愛がってえさをやっています
鯉の群れ60匹
画像

200匹?
画像

コイは雑食性で、水草、貝類、ミミズ、昆虫類、甲殻類、カエル、他の魚の卵や小魚など
口に入るものなら何でも食べる。
貪欲に食べてしまうので、往々にして河川環境の単純化を招きかねない。
wikipedia

日本には野生種のノゴイと養殖・放流されたヤマトゴイがいるらしいです。
ノゴイは琵琶湖や四万十川など大きな湖、河川などに生息しています。
琵琶湖では浅いところはヤマトゴイ。深いところはノゴイと棲み分けていたようです。
毎日川で見かけているこの鯉はヤマトゴイ
餌を食べている様子
画像

画像

コイは国際自然保護連合では
世界の侵略的外来種ワースト100」のうちの1種に数えています。
ノゴイは河川の改修にともなう生態系の破壊や他地方からの移入個体との
交雑による遺伝子汚染による絶滅が危惧され
2008年に国際自然保護連合により絶滅危惧U類(Vulnerable)に指定されています。
綺麗な川にしようと思ってヤマトゴイを放流すると
かえってそこの川の生態系が崩れてしまう恐れがあります。
それに鯉は綺麗な川より汚い川がお好き
自然には存在しない
ニシキゴイ、金魚などを川に放流するのは論外です

絶滅危惧U類とは:絶滅の危険が増大している種のこと。

侵略的外来種の川でよく見かけるミシシッピーアカミミガメ
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鯉 川の生態系に影響 優柔不断日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる